ロイヤル ブルー ティー。 有機農法で育てた手摘み紅茶だけが原料の1本8,000円の国産紅茶ボトルドティー“釜炒り紅茶炒香IRIKA Ruby”

ブルー ティー ロイヤル ブルー ティー ロイヤル

👐 しかし、メーカーの道を歩むのであれば、当初想定していた運転資金のほか、多額の設備資金も手当てをする必要がある。 さらにお酒のように、料理とお茶をマリアージュするというこれまでにない楽しみ方も提案しています」 紅茶、緑茶、そして青茶と呼ばれているウーロン茶など、幅広いラインアップを展開。 心地よい果実感とフレッシュでバランスの良い酸味と共に余韻も長く残ります。

17
「まず、茶葉が大変貴重なものであること。
ブルー ティー ロイヤル ブルー ティー ロイヤル

🐲 紅茶 摘みたてのジャスミンの香りを堪能できる「ジュエル オブ フラワーズ 花」は、新芽でつくる明前茶(みんちぇんちゃ)に、ジャスミンの香りを吸い込ませて作られたものです。 グレードは3段階に分かれており、それによって風味や上品さが変わってきます。

11
「ワイングラスで飲む高級茶」という新しい文化を世に広めて、お酒を飲めない人も平等に食事を楽しめる社会にしたいと思っています。 フルコースの最初から最後まで楽しめる商品として、レストランでも大人気です。
ブルー ティー ロイヤル ブルー ティー ロイヤル

💕 この香焙は、初めての方にも料理と一緒に楽しんでもらいやすい商品のひとつです。 茶宴とは、『コース料理と高級茶ロイヤルブルーティー3・5種類のマリアージュを愉しむメニュー』です。

8
」でした。 テイスティングスペースも設けているので、じっくりとお茶を選んでいただけますよ。
ブルー ティー ロイヤル ブルー ティー ロイヤル

🌏 同じ畑でも、良い茶葉がつくれる場所と、悪い茶葉しかつくれない場所があるなど、一口に「お茶」と言ってもさまざまなレベルに分かれるが、RBTJは「最高の場所で、最高の人がつくった手摘み茶葉」しか扱わない。 どちらの店舗でもワイングラスを購入できますが、六本木で販売しているグラスは一段とラグジュアリー感の高いものです。 600円でも6,000円でもなく、お茶が1本60万円。

15
1本60万円というプレミアムなお値段のこちらのボトル、その名も<ロイヤルブルーティー>の「キング オブ グリーン ホシノ スーパープレミアム」。
ブルー ティー ロイヤル ブルー ティー ロイヤル

💢 自社畑で栽培された最高品質のブドウのみを厳選。 味の印象としては、ワインと同様にランクが上になるほど香りや味のバランスがよくなるように思います」 60万円のエッセンスを感じたい人におすすめの2本 60万円のお茶にはなかなか手が届かないけれど、その味のエッセンスだけでも感じてみたい……。

11
ワインなどアルコールだったら驚かない価格ですがお茶となると・・・ しかし「アルコールなら高くても」とは 過去の固定観念になっていくかも知れませんね。 また、夜の接待でもノンアルコールを嗜む場が増加傾向にある。
ブルー ティー ロイヤル ブルー ティー ロイヤル

😙 時々、プレゼント?を送ってきてくれます。

1
家族のように迎えられる温かなサービスと旬の食材を大切に扱う料理でゲストの心を癒す。
ブルー ティー ロイヤル ブルー ティー ロイヤル

💢 その代わりに茶飲料では初となるフィルター濾過除菌を採用している。 お茶です。

10
デパートやオンラインショップでも入手できます。